ドメインの取得法と注意点について

ドメインにも種類がある

インターネット上の住所のようなものであるドメインは、利便性以外にもブランドイメージなどにも影響を及ぼすため、現代においては非常に重要な財産とも言えるものになりつつあります。
ドメインの取得法を説明する前にドメインの種類について少し説明をさせていただきます。
まずドメインには大きく分けると2つの種類があります。gTLD(Generic Top Level Domain)とccTLD(country code Top Level Domain)です。前者のgTLDドメインは誰でも取得でき、維持費も安い種類のドメインです。代表的な例としては「.com」「.net」「.org」などがあります。後者のccTLDドメインは基本的に特定の組織や団体のみが取得できるもので、「.jp」「.co.jp」「.ne.jp」などがあります。例にあげたドメインはすべて日本の組織団体のみが登録できるドメインで、基本個人取得はできません。

名前が違えば値段も違う

また、ccTLDドメインには「.tv」「.to」「.ch」(それぞれツバル、トンガ、スイス)など人気のドメインもあります。ドメイン取得の際には、まずなるべく多くの種類のドメインを扱っている登録業者を選んだほうが良いでしょう。業者を選定したら、次は自分の希望しているドメイン名がまだ取られていないか確認する必要があります。これはオンライン上で誰でも簡単にできます。希望ドメインが取得可能だったら、さっそく業者に連絡し、ドメイン料金を支払ってそのドメインを取得してもらいます。この際に自分の情報を公開せずに業者の情報にしてもらうなどセキュリティ上のサービスをしてくれるところもあるので、一度確認してみましょう。また年間の維持費も業者によって違いがあるのでこちらも忘れず複数の業者のページを確認してみてください。インパクトのあるドメイン名を安く入手できたら最高です。

HP作成は、HTMLなどと呼ばれる専門的な言語を用いて作られます。またそれらをあまり必要としないソフトウェアなどを利用しても作成が可能です。