3文字程度のとても短いドメインの取得法

短いドメインを今から取得するのは難しい

運営しているウェブサイトやブログのアドレスを相手に伝える場合、ドメインはできるだけ短い方が覚えてもらうのが簡単です。会社のサイトであれば社名を伝えて検索してもらうという方法がありますが、個人のサイトの場合、サイト名がほかのサイトとかぶりやすく、うまくいかないことがあります。
では、どれぐらい短いドメインを取得可能なのかというと、最小は3文字程度です。ドメインの種類によっては1文字でも取れるものがありますが、既に取得されている可能性が高く、現時点で登録するのはほぼ無理です。
新規登録は無理でも、別のドメインの取得法として、他人が持っている3文字ドメインを購入することは可能です。ただ、覚えやすい文字列だと非常に高額で個人が買うのは難しいです。

国別ドメインであれば3文字ドメインが空いている場合も

ドメインというのはドットで前と後ろが分かれていて、ドットより後ろにあるcomやnetといったものは固定されているので、自由に決められるのはドットの前部分になります。なので、3文字のドメインを取得したい場合は、ドットの前を3文字にすればいいわけですが、comやnetなど、昔からあるものは既に3文字ドメインが取得され尽くしてしまっているというのが現状です。
では、どうすればいいのかというと、国別ドメインか新規に作られた一般ドメインを利用するといいでしょう。
国別ドメインとは、国ごとに発行されたドメインのことで、非常に種類が多いです。そのため、まだ3文字のドメインが取れるものもあるのです。
また、新規の一般ドメインとは、申請すれば誰でもドットの後の文字列を作れるようになったので、最近、たくさん作られているドメインのことです。これらは一般的なドメイン販売会社で取得することができます。

ホームページ制作で特に重要な項目は、左上に配置するようにするといいです。これは、一般的にホームページはF文字のように読まれ、ページの上部は読まれるが、下の方になるほど読まれないことが多いからです。